RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
アフガニスタンの物流会社で仕事 在ウルムチ

いや〜
上海の空気がえらい悪くなっているらしいです。PM300がどうのという話を聞きました。ダメなんでしょうけど、中国に来て以来、空気汚染がどうの食の問題がどうのということはあまり考えたことがありません。生活していても何かよう分からないんですよね〜。

どうも、どうも。
頭の中はPM600ぐらいなキンスキーです。


中国で語学留学したことはこのブログで書いているので、その時のことは端折るが、それぞれの都市で一緒に勉強した各国(と言ってもめっさ限られてるんだが。。)の留学生数人とはごくたまに連絡し合っている。

でも彼らって単なる語学留学ではなく、本科生留学や大学院留学だった。なので、今でもその地で勉強している。ま、この場合のその地って成都とウルムチなんだが。

成都の大学で知り合ったサウジアラビア人は元々サウジの銀行員でサウジアラビア政府の公費留学で留学していた。と言うか今でもしている。この前電話で話をしていたんだが、今は大学院の2回生でファイナンス専攻らしいんだが、「我现在也中文听不懂〜(中国語いまだにわっからへんがな〜)」って言ってた。



で、ウルムチ留学時代の知り合いのとあるタジク人留学生。



彼は今年大学院を卒業して仕事しているんだが、ウルムチにまだいるって言ってたので、中国とタジキスタンに関係のある貿易会社ででも仕事してるんやろと思っていたら、何とまあ、ウルムチにあるアフガニスタンの物流会社で仕事をしているとのこと。

アフガニスタンの会社てぇ〜。



ん〜ん、周りになかなかいませんなぁ、アフガニスタンの会社で仕事してる奴って。

てな感じで、また次回!


にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
author:キンスキー, category:語学留学, 18:02
comments(0), trackbacks(0), pookmark
中国にて語学留学をした感想【−2−】

いや〜
柔道男子の日本代表監督から篠原さんが退き、井上康生氏が就任したとのこと。次のオリンピックでは金メダル欲しいですね〜。ガンバレ。

どうも、どうも。
帯ギュと柔道部物語、どっちがオモロイのかな〜、、なキンスキーです。


 【 前回

ということで、語学留学するにあたって私のその当時の状況の中で最も重要だったといっても過言ではない現地でLビザをZビザに切り替えることができるのか1月から寮に入ることができるかという条件をクリアーした成都の大学にやってきた。もちろん他地域の大学でも上記条件に当てはまる大学はある。

それまでおよそ1年間中国で仕事をしてきたので荷物が多い。成都に着いてスグにはいらんであろう荷物は郵便で大学寮に送り、その他は持って行った。確か深圳宝安国際空港で超過分の荷物の料金を取られてしもた。っちゅうぐらい手荷物が多かったんですわ。

これがアカンかったんでしょうね〜。重い荷物持ってウロチョロしたんで寮に住み着いてから4、5日後に例の持病が発生。ヘルニアですわ。この辺りの出来事に関しては過去のブログにようけ載っけてますんで端折ります。

大学の寮に移り住んで1月2月(2月に一度実家には帰ったが)はとりあえず成都市内を探検。授業自体は2月末からだったと思う。ちなみに寮到着時に留学生オフィスの先生の計らいで、この大学に既に留学していた日本人に寮に住む手続きやら学食で使用するカードの申し込み手続きやらのお手伝いをしてもらった。ありがとう。あ、この彼とは今でもごくたま〜に連絡し合っております。

で、何やかんやで2010年2月末、授業スタート。中国語語学留学の始まり始まり〜。

クラス分けの中国語能力を測るテストがあったらしいんだが、私の場合は中国語能力ゼロだったのでこないな測定テストを受けるまでもなく一番下の入門班へ。韓国人、日本人、タイ人、カザフスタン人、サウジアラビア人、ブラジル人、ニュージーランド人、ガーナ人などなど。タイ人の留学生が多かったですね〜。

当初、このクラスは14、5人だったんだが、授業が始まってからやって来る留学生がおり、知らん間に20数人に。なので超基礎のテキスト(漢字が載ってなく、ピンインのみのテキスト)が終わる頃に2つの班に分離(授業が始まって3週間前後だったと思う)。

授業が始まって思ったことが一つ。やっぱ共通語は英語なんですよね〜、、、ってこと。先生は英語で教えるし、留学生の皆も英語が出来るので留学生同士の会話も英語(ま、ウルムチに留学した時にこの考えは覆されたんだが)。

で、超基礎のテキストが終わり、次の入門編のテキストになってしばらく経ったら先生は英語と中国語で授業をし始めた。耳を鍛えるにはやっぱこうやないとあきませんね〜。しかし、どうしても中国語が分からないときは皆さん、英語で解説をお願いしていた。私は英語ができないんで何のこっちゃ分からんかったんだが、そこは日本語の中国語文法解説書などの参考書を読んで理解するようにしていた。

韓国人、日本人は漢字が分かるからええんだが、その他の国の留学生は漢字を覚えるのに苦労してましたね。でも彼らは耳がええんですね〜、これがまた。でもってピンインを覚えるのも早い。先生が言ったことを我々は漢字でノートに書くんだが、彼らは違った。ピンインで書いてるんですな、これがまた。で、「漢字なんぞ覚えんでもええねん、会話ができりゃそれでかまへん」と言っていたガーナ人もいましたな、そういえば。そんな彼は原付を無免で乗り回していて単独事故を起こして公安にお世話になり、大学から追放されたんだが。。

寮生活はどないやねん、、というと、、、

結構小じんまりした大学なので留学生自体は100人おるかおらんかやったと思う(語学留学生、本科留学生含め)。なので寮は4階建て1棟でこれまた小じんまりしていた。(留学後半に差し掛かった時にもう1棟建ててはいたが)

ウルムチの大学の寮と違って各階で男子女子を分けてるなんてこともなく、私の両隣は女子学生だった。各大学によってちゃうんでしょうな。

外国人留学生というと音楽をめっさデカい音でかけてうるさいとか、夜おっそ〜まで酒飲んでうるさいとかいろんな噂を聞くが、まあそこまで「うっさいんじゃボケェ〜」って思うことはおませんでしたね。ただ、ワールドカップの時はヒドかったが。

アフリカ勢が試合してる時はウルサイうるさい。で、勝った時なんぞは、「ウォーーーー」と叫びながら廊下を走り回る。夜中の4時5時にも関わらず。でもこん時だけでしたね、こないにうるさかったのは。もちろん日常的にちょくちょくうるさい時もあるにはあったが、「うっさいんじゃボケェ〜」ってことにはならんかった。

(続く)

てな感じで、また次回!


にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ

author:キンスキー, category:語学留学, 15:02
comments(1), trackbacks(0), pookmark
中国にて語学留学をした感想【−1−】

いや〜
もうすぐプロ野球のドラフト会議ですね〜。浪人していた巨人・原監督の甥(でしたっけ?)っ子、どないなるんでしょうか。巨人以外の球団がまたまた1位指名してまうんでしょうか。

どうも、どうも。
10月25日木曜日です、、、なキンスキーです。


  前回

と言うことで全く中国語が分からんまま中国で中国語の語学留学をすることになったんだが、取り合えず中国で留学の斡旋などをやってるエージェントに相談した。

中国語を勉強したことがあって多少中国語が話せるとか、大学生で中国語を学んでいて語学留学するとかなら直接大学の留学センターなどに電話して手続きをするのも勉強になってええと思う。が、私の場合は全く分からんのでエージェントにお願いした。

『中国留学情報』というところ。

なんやかんやで四川省は成都にある大学に行くことに。理由は、ヽ愴颪まあまあ安い、⇔脆颪安い、1クラスの人数が少ない、から。

もちろんネットに転がってる中国での語学留学情報を片っ端から読み、実際に語学留学している人のブログを読みまくって『中国での語学留学』ってのはどんなもんかを調べた。

中国の東北地方の人達は限りなく方言がなくて普通語を話しているからそっち方面へ留学するのがいいとか、語学留学が終わって中国で仕事を探すんだったら、日系企業が集まってる上海や北京、大連、広州、深圳などなどで留学した方がいいとか、いろんな情報があった。

私の意見としては、別にどこでもええんちゃうのん。好きなトコに行けばええがな。というのが本音。

確かに東北地方や北京辺りの大学に行けば、街の人達はあんま方言をしゃべらんやろうから街へ出ての中国語実践練習にはもってこいかもしれないが、どこの大学に行こうが中国語を教える先生達は皆、普通語をしゃべるし、街の人達もこっちが外国人と分かったら出来る限り普通語でしゃべってくれる。

そりゃ、中には学食横のパン屋のおばちゃんのように、「シェンマ?(何?)」ではなくて「サーズ?(四川語で何?)」と私が行くたんびに毎回言うてくる人もおるっちゃあおるが。でもそれ以外の会話では四川語は使わずに普通語でしゃべってくる。

ただ、ちょっと歳取った人達の中には普通語が苦手な人もいるので、そういった人達としゃべる時は確かに苦労する。でもそないな人とばっかり四六時中しゃべってる訳でもないので、中国のどの地方で語学留学しようが問題はあんまないんちゃうかな〜と。

語学留学後に中国で仕事をしたい人にとっては、確かに大都市圏で語学留学するのはええかも。面接のたんびに飛行機代などの移動費や宿泊費がかかりますからね〜。

なので、『中国留学情報』のサイトにも書かれてあるが、例えば留学が1年の予定であれば、前半は自分の好きな場所で留学、後半は大都市圏で留学ってのもありかも。

でも、例えば上海に留学したとしても、登録した人材紹介会社が上海の会社だけやのうて北京の会社も紹介してくるかもしれんし、広州の会社も紹介してくるかもしれんし、その会社の条件などが良ければ面接に行きたくなるかもしれん。ってことを考えると、やっぱどこで語学留学してもあんま変わらんのとちゃいますか〜。って個人的に思う。

私の場合は、この時には既に新疆ウイグル自治区(ウルムチ)で語学留学するのもありやなって思っていたんだが、深圳⇒ウルムチはちと遠すぎるかなと。ウルムチには今後、旅行で行ければええかいなと思ったので却下。(ま、今思えばこの時にウルムチで語学留学してても良かったかな、、、と。)

で、第一候補は広西チワン族自治区南寧市にある広西医科大学。だって寒いトコ嫌なんだも〜ん。というのは1割は冗談。学費も寮費もある程度安く、しかもこの大学、結構厳しくてサボったりしてると退学させられたりするとのこと。まあ、そない厳しいトコだったらまじめに勉強もできるやろう、、と思ったんですわな〜。

でも、エージェントさんが言うには、語学留学する意味は会話力、実践力をつけることであって、文法を習うことではない。なので、1クラスの人数が少ないトコの方がよくて、そういう意味では広西医科大学はおススメしません、とのことだった。1クラスの平均が20数人ですからね〜、広西医科大学は(今は知りませんが)。

で、いろいろ相談した結果、1クラスの人数も少なく、学費・寮費も安く、その当時所持していたLビザをZビザに切り替えることができ1月から寮に入ることができるという成都の大学にけって〜い。

学費や寮費の安さも大事だったんだが、下線を引いた「LビザからZビザへの切り替えが可能か」、「スグに寮に入れるのか」ということも私にとっては重要だった。一旦日本に帰らなあかんのやったら、それこそ語学留学なんぞせんで日本で職探しをしてたと思う。

 【 さ〜てお次は!

てな感じで、また次回!


にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ

author:キンスキー, category:語学留学, 00:43
comments(0), trackbacks(0), pookmark
中国にて語学留学をした感想【−0−】

いや〜
エマニエル夫人が亡くなられたようで。いや、エマニエル夫人やのうて主演女優がですね。合掌。と言うか中高年の方々でお世話になった人、多いんやろな〜。

どうも、どうも。
もちろんワタクシもです、、、なキンスキーです。


私の場合、例えば学生時代に中国語学科とか中国語中国文学専修とか東洋史学科とかに所属していて中国語を学んで、ほんでもって社会人をやった後に中国に語学留学したとかそんなんやおません。むしろ中国や中国語には全く興味がなかった。一応旅行で2回ほど旅行したことはあったが。なので中国で現地採用されるまでは、今思えば「你好」「再见」「一二三」ぐらいしか知らなかった。我がおフランスはフランス語の方がまだ知ってた。

で、現地採用されて中国現地で仕事し始めても全くダメだった。だって勉強しなかったんだも〜ん。日本人相手の仕事だったので仕事上では中国語を知る必要はなかったし、会社には社長含め日本語話者の中国人が数人いたので、これまた会社内でも日本語で生活できた。

日本を発つ前に参考書類を買って所持はしていたんだが、勉強している時に『四』の発音でつまづいた。「si(スゥ)」ですわな。なんで「シ」やないねん。「si」は「スゥ」という発音と割り切ればよかったんだが、こないなアホみたいなことでそのままほったらかしになってしまった。なのでその後は勉強せず。

上に書いたように日本語ペラペラの中国人同僚はいるにはいたんだが、結婚してて家庭持ちのWクンや彼氏持ちの女の子だったので、会社が終わった後に中国語を教えてもらうなんてことはほぼ無理だった。日本人とちごて会社終わってからは皆さんソッコー家帰りますしね〜。

で、1年程勤めた会社をいろんな関係で辞めた後、さてどうするか?という問題にブチ当たった。

中国で1年生活して思ったのは、中国ってオモロイ国やないかえ、、ということだった。でもって発展著しいし。ま、あの1年で中国に興味が出てきたっちゅうことですわな(の割には中国語の勉強は結局やらずじまいだったんだが)。なので日本に帰って仕事を探すという選択はこの時点で消えた。

ということで今後も中国と関わっていくのもええんやないかいなと思ったので中国語の語学留学をすることに決めた。っちゅう訳ではおません。

取り合えず中国で仕事を探したんだが、なかったんですよね〜、これまた。ちゅうても2週間ほどしか探さなかったので探す期間としては短かかったんだが。

今後も中国と関わっていくにはやっぱり中国語は知っておかないとあかんな〜と仕事探し中に思っていたしスグに仕事が見つからんかったので、どうせなら中国語勉強しよう、、と思った訳ですな。

ちゅうことで語学留学けって〜い。

  次の−1−ココ

てな感じで、また次回!


にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ

author:キンスキー, category:語学留学, 00:32
comments(0), trackbacks(0), pookmark
ウルムチの大学の寮の廊下。。

いや〜
廊下と言えば、スクールウォーズのオープニングでヤンキーが学校の廊下を単車で走ってる映像を思い浮かべるか、渡り廊下走り隊を思い浮かべるかのどっちかですね〜。

どうも、どうも。
極端やね〜なキンスキーです。


ちょっと前に撮った廊下の写真。



ちゅうか全く大したことなく、何でもない廊下です。ただ、中国だけにタバコ吸い放題。



みぃ〜んなその辺にポイポイ状態。さすがに単車乗り回して窓ガラス割りまくってる奴はおません。

で、外を覗いてみたら、、、



手前右の校舎は図書館ですね〜。左は芸術系学院(日本的に言えば「学部」ですな)の校舎。

で、部屋に戻ったら、、、



タジクくん達の友達が来ておりました。Windows 8をインストールするCDみたいなものを借りに来てたようで。ちゅうかWindows 8ってもう発売されてんのかいな。よう分からんのだが。英語バージョンもロシア語バージョンもあるとのこと。残念ながら日本語バージョンはおませんでした。しかしさっすが中国。こういうのんって早いね〜。



 中国の大学の寮の部屋の中。。

 中国の大学の寮の部屋の中。。第2弾 または、またまたウルムチの夕焼け。と言うか夜の9時半なんだが。

てな感じで、また次回!


にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
















ええ夕日やないかいな。

author:キンスキー, category:語学留学, 02:05
comments(0), trackbacks(0), pookmark
★ウルムチの物価、やっぱ上昇中。または中国の大学の学食。

いや〜
青山学院中等部で壮絶なイジメが発覚して、その主犯格の女子生徒の母親が宝塚出身の大物女優Kだということで物議をかもしているみたいですが、ま、ヘタしたらウン千万円と青学に寄付しとるでしょうから、そら青学側もその女子生徒を無下にできませんわな〜。と言うか数年前に学習院で愛子さまが男子児童にイジメられて登校拒否っぽくなったとかっていうニュースがあったと思いますが、あれってどうなったんでしょうか。ちゅうか最近、クラブ活動に参加するに当たり、当初予定していたクラブにそのイジメッ子男子児童がおるっちゅうことでクラブの転部を申し出たのに、他のおかん連中が学習院側に「個人的な事情で転部を認めてええんか!」「さすがにやりすぎでやろ、それは!」とえらい猛反発したために転部はなくなったとのこと。コラコラコラコラ、おかん連中、お前らアホか。そこ猛反発する前にイジメがあったことに対して学習院側に猛反発せえよ。「どないなっとるんですか」と。ワシャ別に右でも左巻きでもありゃせえへんのだが、皇室は皇室やろ〜。特別扱いしてええやろ〜(もちろん何が何でも特別扱いせえってことではないんですが)。ちゅうか存在そのものが特別やないかいな。おかん連中、一回でも皇室に「税金払えや!」とか、「誰のおかげでメシ食えてると思ってんねん!」って文句言うたことあんのか?そういうことを言いもせんで、えらそうなこと抜かすなっちゅうねん。もし自分の娘息子がイジメに遭ってたらどないすんねんな。はぁ?私らの子供はイジメになんて遭わないって?なぁ〜にをアホなこと抜かしとんねん。んなこと言うてたらいつの間にかイジメに遭ってたり、逆にイジメッ子に成り下がってたりするっちゅうねん。

どうも、どうも。
そういや、AV界の大物女優、黒木香さんって何してんの?なキンスキーです。


この前、夜お腹が減ったので大学近所にあるウイグル人経営のレストランに行ってウイグル料理ポロ(ピラフの一種とウィキペディアには載ってます)を食べた。


(※ウィキペディアより)

値段はというと16元。ん?16元?ん〜〜ん?前食べた時は14元だったと思うんだが。。さては値上げしよったな。

で、昨日、学食へ行きラグメンを食べた。



値段は8元。ん?8元?ん〜〜ん?前食べた時は6元だったと思うんだが。。さては値上げしよったな。

前にも書いたが ★ぬぬぬ、ウルムチは物価上昇中【散髪屋】 、どうやらウルムチの物価がまたまた上がってるみたいですね〜。と言うかウルムチというより中国の物価が上がってると言った方がええのかな。

で、学食内はどないな風景かというと、、、



おおっと間違えた。寮の同部屋のタジクくんやないかいな。では、気を取り直して、、





とまあ、こないな感じですな。ちなみにここは清真料理、すなわちハラールの食堂ですね。なのでウイグル人やカザフ、回族などのイスラーム系の学生が利用している。この清真料理の食堂は3つ。ということは漢族の学生は?ってことになるんだが、漢族用の食堂がちゃんとありまんがな。もちろんイスラーム系の学生は漢族用の食堂には絶対に行かない。ま、私も1回しか行ったことないが。



てな感じで、また次回!


にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ

author:キンスキー, category:語学留学, 15:49
comments(0), trackbacks(0), pookmark
中国の大学の寮の部屋の中。。第2弾 または、またまたウルムチの夕焼け。と言うか夜の9時半なんだが。

いや〜
中国と日本の関係が悪くなってることについて同部屋のタジキスタンからの留学生クンから質問されました。原因となってる魚釣島のことですね。1900年のちょい前から日本の領土として扱ってきたけど、1970年頃から突然中国や台湾が領有権を主張してきて、それ以来、事あるごとに対立してる、、と説明しときました。

どうも、どうも。
ほんま、钓鱼岛上陸作戦って名前の漫才師出てこんかな〜なキンスキーです。


海外留学をして問題になることの一つに寮の部屋がある。一人部屋か相部屋か。ま、今の私のように3人部屋ってのもあるが。

相部屋でも3人部屋でも同室の留学生が大人しい、もしくは判ってるやつなら問題ないんだが、まあ、若い留学生クン達は血気盛んなんで、、、。

こっちが勉強してても平気でドカドカやって来て同部屋の留学生としゃべったり、音楽をめっさ大きな音で聞いたり、、なんて日常茶飯事。私の場合、前にも書いたが、普段は一人部屋を使用していたんだが、長期の休みは大学の事情により相部屋、もしくは3人部屋に押し込まれた。

コチラ⇒ 中国の大学の寮の部屋の中。。

ま、休み期間なんで同部屋の人間がうるそうても割り切ってましたが。。

ちゅうことで、今居る3人部屋は、こないな感じ。





タジキスタンの留学生クン達。上の彼は20歳で下が19歳。わっかいの〜。下の彼はタジキスタンで車が欲しい人から依頼を受けて中国で車を買いタジキスタンに送って、手数料として車の値段の数%をもらうというビジネスをちょこちょこやっているので金はもってる。結構、こないなビジネスをやってる留学生、多いんですよね〜。

で、



私が使ってる机。中国語、はかどってる素振りは???ちゅうか、このベッド一体型の机、奥行きが狭いんで勉強シヅライしづらい。



勉強は授業だけとか、授業の後は図書館で勉強するって考えの人間なら、こういう3人部屋などで留学生活をおくるのはええかも。結構おもろいですからね〜、他の国の人間と生活するんは。

ん?上の写真の窓の外に見えるのは、、、ええ夕焼けやないの。



右上に月がうっすらと、、



よろしおまんな〜。

         ちゃんちゃこりん。

てな感じで、また次回!


にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ













author:キンスキー, category:語学留学, 01:23
comments(0), trackbacks(0), pookmark
HSK5級の結果。。

いや〜
よく考えたらこの大学の寮の部屋にはクーラーはないんですよね〜。でも普通に過ごせています。ムシ暑くて寝られへんがなとか、寝汗かいてえらいこっちゃとかそんなんありません。やっぱ新疆ウイグル自治区はええですの〜。とは言え冬に外出ると凍てつきまくりますが。


どうも、どうも。
でも冬は寮の中は暖気があってぬくぬくですわ、、、なキンスキーです。


5月半ばに受けたHSK4級は受かってたとはだいぶ前に書いたが、6月半ばに受けたHSK5級は最悪だった。ちゅうこともこの前書いたコチ

まあ、その昔受けた旧HSK初中級の時のように時間がなくて適当にAやCやBと選んでマークシートを塗りつぶすなんてことはなかったんだが、ん〜ん、、、な感じだった。ヒアリング問題(听力)は前半こそ聞き取れていたんだが、後半はオイオイオイオイな状態で、おまけに写作(語句を並べ替えて正確な文章を作る問題と、5つぐらいの文字があり、それらすべてを使って文章を作る作文と、絵を見て文章を作るという計3つの問題がある)はもっと最悪。語句を並べ替えて正確な文章を作る問題は10問ぐらいあったんだが、まあこれはなんとかできてたハズ。でもその他は、、、上の2つ目のコチラを見て頂ければ分かると思う。

しかし、このHSK5級、試験の1ヶ月前にはりきって過去問を買ったんだが、その後が続かなかった。しょっぱなのヒアリング問題(听力)を7つほどやって後はほったらかし。そりゃ、当たり前に最悪や最悪や言いますわな。2年前に受けた旧HSK初中級の時もそうだった。はりきって過去問買ったにも関わらず、しょっぱなだけやって後はほったらかし。ん〜ん、必要に迫られな真剣に取り組まないっちゅうこのアホみたいな性格、直さんとあきませんなぁ、ええかげん。

ちゅうことで、このHSK5級は受かってる訳ないので結果発表のことはほったらかしにしていた。昨日、フトそういや結果発表されてるハズやなと思ってしまったので、どこにいったか分からん受験番号が載ってる受験票を30分かけて探し出しましたがな。

結果発表されてるサイトに受験番号を打ち込みまくって結果を見たら、、、

???

あれ?

なんとまあ、受かっとるがな。

合格の文字が見えるやないかえ。

目を疑うとはこのことですな。目をパチクリパチクリ。

ちゅうことで受かってた。

ま、結果だけを問うならば合格ですわ。でもこの新HSK、その級の中で幅があるんですね〜、これがまた。というのも、300点満点中6割取れてりゃ合格なんですわ。ちゅうことはですな、例えば5級を受けたとして180点の奴も290点の奴も合格は合格なんだが、その差110点。この差はでかいでっせぇ〜。6割取った奴と9割5分以上取った奴。全然ちゃいまっせ、その中身は。

何?私?そりゃ決まってまんがな。あれだけあれこれ全然できんかった、最悪やったと書いてんねんから。合格は合格でも底辺の辺りをうろついてる合格ですわ。

ま、そんな感じであんまり中身を伴わないHSK5級取得者になってしもた。

ちゅうことで、今後だが再度この5級を受けるつもり。で、せめて8割240点を取っての合格を目指したいもんですな。

2010年11月に受けた旧HSK受験時の感想↓
  HSKって。。。
  HSK、、撃沈。。。
  HSK(基礎/初中級)の結果。。。


てな感じで、また次回!


にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ

author:キンスキー, category:語学留学, 00:32
comments(0), trackbacks(0), pookmark
イスラム教 腹減った〜。。

いや〜
昨日の夜からついに始まってしまいました。

どうも、どうも。
ま、私には関係ないんだが、、、なキンスキーです。


1年のうち1ヶ月、太陽出てる時は何も口にしちゃいけないよ、ということで、昨日の夜から全世界のイスラム教の人間がラマダンに入った。

ってことは留学生は日中、食堂でご飯が食べられない。なので部屋で自炊。昨日の夜、早速自炊してる留学生がチラホラ。

彼らを見てるとイスラム教って大変やな〜と思うが、彼らからしてみれば生まれたときからの習慣なんで、そういうもんなんでしょう。

「腹が減っては戦はできぬ」なんで、イスラームの世界では軍隊はどないしてるんでしょか。

ま、普通にシ〜メー食うてるんでしょうけど。その分、他でお祈り増やしたり等々の代替措置があるんでしょうね。

     

てな感じで、また次回!


にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ

author:キンスキー, category:語学留学, 03:27
comments(0), trackbacks(0), pookmark
どないなっとるの。ちゃんちゃこりん状態やがな。。

いや〜
国民の生活が第一って。。。んなこと考えてる国会議員なんぞほとんどおらんやろ。何やかんや言うて議員をするのも仕事なんでまずは自分が第一であって、で、次に来るのが、いかに自分の財産を子孫に残すことができるかってことでしょう。あ、ポッと出の議員のこと言うてるんちゃいまっせ。

どうも、どうも。
中国共産党のえらいさんと考えは同じやんけっ、、なキンスキーです。


今週に入ってから寮のネットがめっさ繋がりにくくなった。チャイナユニコムの無銭のやつも然り。うう〜、何なんでしょう。

の割には他の留学生は普通にネットやってたりするんだが。

と、何のこっちゃよう分からんちょんわちょんわな状態が続いている。はぁ。

         しびあ〜

てな感じで、また次回!


にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ

author:キンスキー, category:語学留学, 16:50
comments(0), trackbacks(0), pookmark