RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
北京首都国際空港喫煙解禁。。

いや〜
アメリカでは大学のアメリカンフットボールの試合後、数千人がフィールドになだれ込みえらいこっちゃになったみたいですが、日本では甲子園ボウルの出場校が決まったみたいですね。日本大学VS関西学院大学。でもって日大も関学も2007年以来の甲子園ボウル出場。ここは1990年以来優勝していない日大に頑張ってほしいですな。

どうも、どうも。
甲子園には生まれてこの方1回しか行ったことないキンスキーです。


あかんやろ〜、喫煙室閉鎖なんぞしたら。

全面閉鎖していた首都空港の喫煙室、半年で再び開放
                 =トラブル多発に耐えかね
2011年12月5日 15時45分 Record China
2011年12月1日、北京首都国際空港では今年6月から喫煙室をすべて閉鎖し全面禁煙を実施してきたが、トイレなどで隠れて吸う搭乗客が増加して大きな問題となったため、今月から再び一部の喫煙室を開放した。3日付で新京報が伝えた。

北京首都国際空港の第1〜3ターミナルには36カ所の喫煙室が設置されていた。今年6月、全面的な禁煙実施に合わせて、空港内に「禁煙」の表示や看板を掲示し、館内放送を実施すると共に、36カ所の喫煙室すべてを閉鎖した。

空港関係者によると、喫煙室の閉鎖後、禁煙を無視して喫煙する旅客が増加。吸殻をところかまわず捨てたり、トイレで隠れて吸う旅客によって火災報知器が作動するケースが増 えた。

また、喫煙者と空港職員とのトラブルもあり、業務に支障をきたすまでになった。特に、乗り継ぎ客は禁煙時間が長時間に及ぶため、職員との間で頻繁にもめごとが起き、空港の安全管理にまで影響を及ぼしたという。

こうした状況や喫煙者からの要望を反映し、同空港では今月1日から喫煙室の一部10数カ所を再び開放した。空港関係者は「閉鎖するにせよ開放するにせよ、非常に難しい問題だ」と頭を悩ませている。(翻訳・編集/HA)


そらトラブル多発するっちゅうねん。何か極端すぎるんですよね〜、中国って。社会主義やから上が決めれば右へ習えなんで楽っちゃあ楽なんでしょうけど、もっとアタマ働かせりゃええのに。

とは言え、2008年、2007年の正月に我がおフランスド・ゴール空港を利用した際、チェックインして中に入った後、タバコ吸えたためしないんだが。ターミナルによってちゃうんやろか。

てな感じで、また次回!


にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ

author:キンスキー, category:中国的..., 17:46
comments(0), trackbacks(1), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 17:46
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://kaigaishigoto.jugem.jp/trackback/1154
タバコ本体価格≒フィルタ部分
増税論議が盛んになっているのでタバコこの本体価格がいったいいくらで、税金がいくらなのか調べてみた。価格帯が厚い410円のタバコを基準に税金分を燃やしていくと、偶然にも本体価格が占めるのはフィルタ部分だ...
禁煙中, 2011/12/06 8:00 PM