RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
書店巡り(48)- 居酒屋 -

いや〜
もうすぐ新学期が始まるということもあり数日前から今後もこの大学で勉強する留学生が続々とそれぞれの国から戻ってきつつある。「アレ、まだここにおったんか?」とか「日本に帰らんとずっとここに住んでたのか?」と言われまくりです。

どうも、どうも。
知った顔と再び遇うってなかなかいいもんですね、、なキンスキーです。


ということで書店巡り。

 前回は【 コチラ

で、今回は、、、

 居酒屋 -新潮文庫-



いやいやいや昨年9月以来の我がおフランスはフランス文学です。たまにはこういうのん読まんとあきませんな〜。

しかし19世紀後半の我がおフランスパリの様子がよく分かりますね。で、当時の労働者階級の生活が実によく描かれており、でもって「救いようのない人間たちの物語」と言われるようだが、まあ、確かに救いようのない人間達ですね。自業自得と言ってしまえばそれまでなんだが、今の世の中にもこの小説で描かれてるような人間、ぎょうさんおるんでしょうね〜。ちゅうか大人はええんですよ、意思を持ってるから。どんな怠惰な堕落した生活をしようが。でも、どうしようもない親に育てられる子供がかわいそうですね。

しかしいつの時代も酒で身を滅ぼすって一般的なんですな〜。

で、小説の主人公たちが住んでるGoutte d’Or(グート・ドール街)ってモンマルトルの丘の右側の方なんですね。ん?もちろん通ったことありまんがな。一回だけやけど。

てな感じで、また次回!


にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ

author:キンスキー, category:読書的..., 00:27
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 00:27
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。