RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
チベット人作家の釈放を求めたチベット人15人を公安当局が拘束。。

いや〜
ぞろ目ですね〜。

どうも、どうも。
11月11日ってことですわ、、、なキンスキーです。


相変わらず中国共産党はこの国で暴れまわっておりまんな。

中国、チベット族15人を拘束 地元作家の釈放要求で
2013.11.10 16:33 産経ニュース
米政府系放送局ラジオ自由アジアは10日までに、中国チベット自治区ナッチェ(那曲)地区でこのほど、地元作家の釈放を求めたチベット族住民ら15人を公安当局が拘束したと伝えた。

地元作家のツルトリム・ギャルツェン氏とその友人は10月中旬、チベット独立運動を示す「分離主義」を唱えたとして拘束された。今回拘束された住民らは当局に対し2人の拘束理由を説明するよう要求したところ、連行されたという。

地元消息筋は、警察当局が拘束した住民らに暴行を加えていると主張している。(共同)


最悪ですな、中国。ま、1党独裁共産党が牛耳る社会主義国家なんで、「分離主義を唱えた!」と言われれば、分離主義を唱えたことになりますわな。例えそれがでっち上げであっても。あ〜コワ。



てな感じで、また次回!


にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
author:キンスキー, category:中国的..., 23:59
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 23:59
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://kaigaishigoto.jugem.jp/trackback/1758