RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
★中国、散歩【湖南省・懐化市通道トン族自治県(3) 強制送還ならぬ、強制退去】


いや〜
ビザ、ピザときたら、ピサの斜塔を見に行きたくなりました。。

どうも、どうも。
イタリアは電車待ちで数時間の滞在しか経験していないキンスキーです。


全壊

宿探しなんだが、次の日朝イチで出発なんで、バスターミナル付近で探すことに下した。で、目についた所に行き、受付の女の子に1泊何元が聞くと100元とのこと。更に肝心なことを聞く。外国人やけど大丈夫?と。

女の子は「ん〜ん、私では判らない。」と言い、どこかへ電話しだした。ちっちゃなホテルなので、おそらく家族経営なんだろう。老板であるおかんか父親に電話してたんだと思うが、電話切った後、「外国人は初めてなので、登記の仕方が判らない」と。で、またどこかへ電話しだして、その時、「公安」という声が聞こえてきた。で、電話を切ってまた電話をしだす。うわ〜、公安に外国人の登記のやり方聞いてるんちゃうか〜と思ったおよそ3分後ぐらいに、パトカーがホテルの外に停まり、2人のポリ〜スメンが下りてきてこちらへやって来る。

私を見て、「外国人はこの地域は泊まってはいけないことになってるからすぐにこの土地を出ていきなさい。」と。

このホテルは外国人は泊まれないホテルなんだろうと思い、「じゃ、他のホテルを探す」と言ったら、「いや、違う。この通道は外国人は泊まれないから出ていきなさい。」と。

はぁん?

私「何言うてまんの、チベットはパーミットが必要やからちょいとややこしいが、チベット以外、外国人が入ったらあかん地域はないでしょうに。」

公「この地域もダメ。すぐに出て行って」

私「判った。じゃ、ホテルに泊まれないんやったら、その辺で寝るからそれでええでしょ。」

公「ダメ。外国人はダメ。スグ出ていきなさい」

私「何言うとんねん。三江に行くバスは明日まであらへんがな。コレ見てみぃ。明日朝イチの切符も買ってるがな。じゃ、公安局の局長に会わせてちょーだい。で、話する。」

公「無理。」

みたいなやりとりをしていたんだが、中国には未だに外国人立ち入り禁止の場所が各地にあるらしい。でもって、この通道トン族自治県もその一つのようだ。そうこうしてると、公安のポリ〜スメンはどこかでに電話しだし、切った後、私にこないなことを言う。

「15分前に桂林に行くバスが出発した。近くの高速乗り場の手前で客待ちしてるハズだからそこまでお前を連れて行く。」

この時には私も観念しており、ハイハイと言うことを聞いて、人生初のパトカーに乗ることになった。

7、8分走ったら、その高速道路に入る道に到着したんだが、バスは見当たらず。そこでそのポリ〜スメンは、「仕方ない。タクシーで三江まで行って。」と言い出した。ジョーダンやおませんがな。こないなとこから三江までタクでどんなけかかると思てんねん。そしたらたまたまタクシーがやって来たので、公安人が呼び止めタクシーの運ちゃんに三江までの値段を聞きだした。

200元とのこと。

高い!

でもそないなことポリ〜スメンは関係おません。取りあえずバスターミナルまで行き、明日の三江行きのチケットの払い戻しをするからと私に言って、問答無用でバスターミナルへ。

バスターミナルではポリ〜スメンのうちの一人が私と一緒に切符売り場に着いてくる。私が払い戻しをせずにそのままこの辺りで留まって明日出発するようなことをさせないように、だ。

もちろん払い戻し手数料は私持ち。はぁ〜あ。

無事、払い戻しをして表へ出たらもう一人の公安人がタクシーを捕まえており、私に言う。

「この人が三江まで180元で行ってくれる」

値引き交渉までしてくれとるがな。ありがたいこっちゃのぉ。ちゅうか意地でもこの土地から出ていかそうとするこの姿勢。何とも熱心なちょっちゃですな。

初湖南省での宿泊は叶わず、通道トン族自治県の滞在時間わずか3時間弱で広西チワン族自治区に出ることになった。

しかし中国はややこいですなぁ。こないな外国人が滞在できない都市、街、村ってまだまだぎょうさんあるんでしょうね。いわゆる未開放地区ですな。

ちゅうことで、皆さんもお気を付け下さい。湖南省懐化市通道トン族自治県は未開放地区なので、外国人は泊まることができません。宿泊せずにその辺を観光するだけならおそらくはええと思いますが。

 は。


てな感じで、また次回!


にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ

author:キンスキー, category:中国、旅的..., 23:59
comments(2), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 23:59
-, -, pookmark
Comment
ご無沙汰しております。
宿泊が叶わず残念でしたね…。

昨年訪れた広元市の栄山鎮というところも、近くにあった人民解放軍の管理する刑務所がようやく移転したとかで、外人未開放地域の指定が解除されたばかりでした。

パトカーといえば、雅安市に行ったときに交通警察とトラックの運ちゃんとの口論を撮影したら、えらい怒られました。
フィルムを出しなさいと言われましたが、言葉が通じないフリをして難を逃れましたが…(笑)

そんなところも含めて、やっぱり中国は楽しいですね。
ヲガワ, 2014/08/10 5:46 PM
>ヲガワさん

どうもです。
広元市の栄山鎮って炭鉱か何かがあって汽車が走ってた(走ってる?)とこですよね(ちがってたらスミマセン)。その汽車の行きつくところが刑務所か何かで、、みたいなことは以前、どなたかのブログで読んだことがあります。
一度行ってみたいなとは思っておったんですが、刑務所、移転しましたか。

警察おるのにカメラ構えたらそら怒られますよね〜。ま、おっしゃるようにいろんな意味含めて中国は楽しいですね。
キンスキー, 2014/08/11 12:52 AM









Trackback
url: http://kaigaishigoto.jugem.jp/trackback/1827