RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
★中国、散歩【雲南省・丘北県普者黒】

いや〜
湿気が凄いです。いやアレですよ、昨日オネーチャンが部屋にやって来て、ウフッ、どう?みたいな展開があって、雲南ネーチャンの湿気がすんごかった、、ムフッ、、なんてことではございません。あしからず。

どうも、どうも。
ナンボするんかぐらい聞いといてもよかったかな、、、なキンスキーです。

ぜんまい

8時半頃起きて宿を出て普者黒まで行く路線バスの出発地点である丘北县汽车客运站へ行く。と言っても宿から2分。路線バスなんで事前にチケットを購入することはない。20分ぐらい待ってたらお腹が、、、ヤ、ヤバい。ということでトイレに走り込み用を足してスッキリしたものの、トイレから出たらちょいと向こうの方を普者黒行きのバスが走っとるやないかい。

しゃあない、次のバスが来るまで待つことに。ふと売店を見ると、おぉ〜缶コーヒーなんぞ売ってるやないですか。



この旅でこないな贅沢品は今まで相手にしてなかったんだが、こんな田舎にまでNESCAFEの缶コーヒーがあるなんて、、って思ってしまったので購入。ん〜ん、ウマ。

そうこうしてるうちにバスがやってきたので乗り込み普者黒へ。



1時間ぐらいでしたかね、普者黒までは。



バスを降りたら、





猫と牛がお出迎え。何か言われがあるんでしょうけど何なんでしょうか。調べるのメンドッチイので調べてません。

バスを降りた他の客は、



馬車に乗って移動するみたい。こっから先には公共交通機関は無いみたいですな。私はと言うと、取り敢えず歩く。途中横道に入って行ったら、湖が広がっていた。

 

ここ普者黒って蓮の花が有名らしく、でもって向こ〜〜〜うの方まで湖がある。80近くあるみたいだ。ただ私が来たのは時期がハズれていたのでキレイな蓮はおませんでしたね。



とにかく歩く。



ひたすら歩く。



ええ天気ですな〜。太陽が照りつけて暖かいですね。



養蜂やってます。

 

のんびりした空間が広がっている。



向こうの島に行く為の橋には扉があり頑丈な鍵がかかっていた。何の島なんでしょう。そこのばあちゃんに聞けばよかった。



ええケツしとりまんな〜。右側ね。

更に歩きまくると前方から水牛の群れが。





のほほ〜んとした空気が漂ってますね〜。



乗っけてちょーだい、ばーちゃん。ん〜ん、さてどこまで行こうか。キリがないのでよき所で引き返すことにした。



またまたず〜っと歩く。



お墓ですね。

まだまだ歩く。



やっと村の中に戻って来ましたがな。っと馬車発見。



楽ちんやの〜。



到着〜。



しばらくしたらバス発車。丘北县汽车客运站へ戻ろう。

 

到着〜。



で、文山市へ戻るのにチケットを購入。



いやいやいやよく歩きましたね、今日は。しかしあの広〜い普者黒の中に、ホンマに謎の民族僰人(ボー人)の子孫がいるんだろうか。ん〜ん、ロマン。

そうこうしてるうちに文山客运站に到着。



次に目指す場所へはこの文山客运站からはバスは出ていなくて、市の南側にある文山城南汽车客运站から出ている。ということで文山城南汽车客运站に移動。



チケットを買おうとチケット売り場に行ったんだが、ぎょうさん人が並んどるがな。次に行こうと思っている場所の始発は朝7時。並ぶの面倒なので明日朝イチに来て買うことに。



しかしええ夕焼けですな〜。ふと、後ろを見ると、



おおぉ〜〜〜、民族衣装着てますやん。まともに見るの初めてです。と言うことで宿探しへ。

この文山城南汽车客运站から歩いてちょっと行ったところのホテル(個人がやってるトコね)で泊まることに。エアコン無し、一応熱いシャワーあり。と言ってもやっぱりあまり熱くはなかったですが。

文山客运站から文山城南汽车客运站まで路線バスに乗ってきたんだが、その途中で新疆料理の看板を掲げた店を見かけた。晩メシはそこで食うか〜、、ってことでバスに乗り、そこへ行ったんだが、ウイグル人っぽい人いませんでしたね。ん〜ん、何なんやろ。そう言えば、四川省宜賓市に着いた夜、新疆烧烤の店を見つけてそこで晩メシを食べたんだが、その店は漢民族がやってる店だったってことがあった(コチラ)。それと同じっぽいですね。と言うことで、プラプラ歩いてその辺にあった店でチャーハンを食す。

宿に戻りシャワーを浴びた後、ウダウダと今後どこに行くかをネットで調べていたらお腹が減ってきたので文山城南汽车客运站の周りにある屋台で炒面を食べる。しかし中国はいいですね。どこ行っても屋台があるので。私は環境にはすぐに慣れる方なので、中国に来た当初から屋台料理でも普通に食べていたんだが、慣れない人はほんと慣れないらしいですね。まあ、衛生面どやねん、、ってこともあるとは思いますが。

明日は6時半には起きないと始発に間に合いません。風邪薬を飲んで就寝。

 さて明日どこに?

てな感じで、また次回!


にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ










author:キンスキー, category:中国、旅的..., 23:59
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 23:59
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://kaigaishigoto.jugem.jp/trackback/1850