RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
★中国、散歩【雲南省・麻栗坡県天保鎮船頭村 天保口岸】

いや〜
しかし陸続きの国境って数年前に深圳-香港の国境(って言えるのかどうか)に行ったきりです。何かよく分かりませんがワクワクしますね。

どうも、どうも。
ドキドキもしますが、、、なキンスキーです。

旋回

班车(ミニバン)の後ろに陣取っていざ出発。ちなみに麻栗坡船头間は20元。さすがは雲南省。辺り一面、山山山です。



文山市はある程度低地っぽいので上の地図を見る限り茶色がかっているが、この辺りは緑。山ってことですな〜。で、標高も高い。そら寒いですわ。麻栗坡を出発したミニバンはグングンと上って行く。うわ〜、寒いがな〜。と思っていたら、何のことない、前の座席の女の子が窓を開けてるやないかいな。富寧県から文山市へ向かうバスでも女の子が窓を開けており凍えるような寒さを経験したんだが、なんで女の子は窓を開けたがるんでしょ。今回は標高も高くなっていってるしで余計に寒い。またまた我慢大会やがな。しかしこれ以上体調が悪くなるのもどうかと思い、女の子が隣のおかんと話をしてる隙に窓を閉めた。数分後、窓の方に向いたその女の子は、アレ?みたいな顔をしておかんには話かけている。でもっておかんはこう言った。「後ろの人が閉めたんでしょ」と。

そら、ワシが閉めましたがな。でも女の子は窓を開けて外を見だした。ぬおおおおおおおっ!



あ〜寒。

南に来ればちったあ暖かいんちゃうかと思ってたけど、宿にエアコン無いとこ多いは、標高は高いはでこれっぽちも暖かくないやんけ。ま、途中の村で前の座席の親子は降りて行ったんで良かった良かった。

と、そんなこんながありつつ40〜50分で船头(船頭)に到着。



おお〜、国境やんけ〜。ん?あれ?寒くない。そぉ〜〜〜なんです。麻栗坡からは山を上っていってたんだが、途中から山を下ってきた。麻栗坡よりもだいぶんと暖かい。あの寒さは何やったんやってなぐらい暖かい。ま、汗かくほどではないですが。

ちゅうことで、中国とベトナムの国境である天保口岸へ行き、ベトナムへ足を踏み入れましょか。



さすがにイミグレの場所をパシャパシャ写真を撮りまくるのは気が引けたんで撮ってはいないが、国境を超える人はほとんどいませんでした。というか、だ〜れも並んでおらず私だけ。

と、イミグレの女性担当官が向こうの方に見えたんだが、めっさ笑顔!しかも辺境だけあってめっさ若い。こないな笑顔をイミグレで見たことないでっていうくらいの笑顔!をこっちに向けてるやないの。私が近づくと更に笑顔で「ニーハオ」の挨拶。うわ〜〜〜〜〜、イミグレでこないな笑顔でニーハオなんて挨拶向こうからしてくれたん初めて〜〜。

しかもあの緑系の軍服着てチョ〜笑顔、、、って、萌え〜〜〜〜〜ですな。ん〜ん、イミグレで萌えたん初めてです。

しかし、私の赤いパスポートを見た瞬間、、、「小日本、、、」な〜んて言葉は言ってないが、笑顔を崩さず、またか、、みたいな顔はしたんだが、「第三国人(この場合は中国、ベトナム以外の国民を指す)はこの国境を超えることはできないんです、うふっ」って言うではありませんか。

一応、「え、でもここって国家一類口岸ですよね。」と応酬するも、「第三国人はダメなんです〜、うふっ」っという返事が。更に私が、「知り合いの知り合いが何人もこっからベトナムへ行ったって聞いたから来たんですけども、、、」と言うと、「ここに日本人が何人も来て、ベトナムへ行こうとしたけど、全部断ってます。彼らも、第三国人が通過できるようになったって聞いたからやって来たとは言ってましたが、、うふっ。でも来年には第三国人もここを通過することができるようになるって私も聞いてます、ウフッ」と言われた。うふっ。

ん〜ん、残念。ここ天保口岸は、2015年からは第三国人も通過可能になるらしい。ほんまかどうかわからんが。

ただ、こっからベトナムに抜けたところで、ベトナム側のこの辺りの地域は許可証がいるらしく外国人が普通にうろちょろすることはできないとのこと。どこぞのネットにそう書かれてあった。果たしてど〜なることやら。

と言うことで、ベトナム行きは却下。さて街の散策でもしましょか。



 ちっちゃいやの

てな感じで、また次回!


にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
author:キンスキー, category:中国、旅的..., 23:59
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 23:59
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://kaigaishigoto.jugem.jp/trackback/1852