RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
★中国、散歩2【新疆ウイグル自治区・ウルムチ→カシュガル】

いや〜
初南疆です。目指すはカシュガルウルムチよりもグンとウイグル人の人口比率が上がりますね。

どうも、どうも。
金無いのでバスで行くキンスキーです。


前回

いやいやいやバスはバスでも寝台バスです。これも初。



およそ24時間かけてウルムチからカシュガルですな。



私の座席というか寝床は後ろ側で窓側の下。15時20分、出発!

ちなみに乗客全員ウイグル人。外国人は私一人。特に交流することも無くボケ〜っと外の風景を見ていたので彼らは私を漢族だと思っているハズ。ある時までは。





途中、ウルムチ留学時代に唯一行かなかったウルムチ市达坂城区のバスターミナルでトイレ休憩があり、



その後、カシュガル目指して寝台バスはかっ飛ばす。





で、数時間経ってトイレ&シ〜メータイム。





多分コルラだったと思う。



ここで、皆さん私が日本人だと分かった。さすがにし〜めータイムでは皆さんと話ぐらいはします。

まだまだ先は長い。寝台バスは一路南へ。ちなみにこの寝台バスの寝心地はと言うと、あまり宜しくない。というのも寝床は180度フラットではなく、くの字になってるんですな、これがまた。でもって幅が狭い。もちろん寝返り打とうにも打ちにくい。とは言え鉄道で24時間硬座に座ることを考えたら、そらこっちの寝台バスの方が横になれるだけマシ。ま、文句言うなら飛行機で行けやって感じですな。

夜も深まり大音量のビデオも消され皆寝静まっていた頃、突然たたき起こされた。検問。全員外に出され、武装警察の取り締まりゲートみたいな所に行き、身分証(私はパスポート)を渡してゲートをくぐる。取り敢えず問題なし。

再びバスは南へ。

夜が明けても寝台バスは走る。昼前、またまた検問。







ここでも同じで、一旦バスを降り、ゲートで身分証を見せて再びバスへ。しかし新疆の検問って私がこの前経験した雲南省での検問とやり方が違いますね。雲南省ではバスに公安というか、武装警察が乗り込んできて乗客一人ひとりの身分証をチェックするというやり方だった(詳しくはコチラの★中国、散歩【雲南省・文山チワン族ミャオ族自治州馬関県〜紅河ハニ族イ族自治州河口ヤオ族自治県橋頭ミャオ族チワン族郷〜河口鎮】を見てね)。まぁ新疆ですからね。武装警察が乗り込んできて袋叩きに遭ったらえらいこっちゃですわな。という意味もあって乗客全員降ろすのかな。

怪しい人物はいなかったようで、バスは南へ向けて出発。





トイレ休憩〜。



しかし南だけあって雪がおません。ウルムチではそこらじゅうに雪が積もっていたり、凍って氷になっていたんだが、気温は低くて寒いが目に見える寒さはない。しかもウルムチよりも若干気温は高く感じる。

さて、あともう一息でカシュガル


てな感じで、また次回!


にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ

author:キンスキー, category:中国、旅的...2, 23:59
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 23:59
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://kaigaishigoto.jugem.jp/trackback/1873